>>無料で漫画を読む!おすすめサイト3選

『呪術廻戦0』五条悟の最後の言葉とは?夏油傑との関係性や過去から解説

2018年から週刊少年ジャンプに連載している
『呪術廻戦』

累計発行部数6500万部を突破し(2022年7月時点)

「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」では1位
「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」では大賞を受賞しており

映画『劇場版 呪術廻戦0」では
第45回日本アカデミー賞にて優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

人気・受賞歴からも高い評価を得ていることが分かり
間違いなく

マンガ史に残る、偉大な作品になるだろう

と察せられます。

主人公虎杖と呪霊のバトルがアツい
正統派ジャンプ漫画として
読んでも面白いですが

作中には巧妙に伏線が散りばめられており
考察としても楽しめる一面を持っています。

さらに主人公虎杖以外にも
五条悟や夏油傑という

多くのファンを惹き付けるキャラクターも登場しており
様々な魅力を持った作品となっています。

そんな中から今回は
五条悟と夏油傑の過去と関係
見ていきたいと思います。

二人はいったい、どのような関係なのか?

さらに、五条が夏油に言った最後の言葉とは何だったのか?

魅力的な二人の関係を
徹底的に見て行きましょう~◎

※ネタバレ含みますのでご注意ください

五条・夏油・家入の高専時代エピソード好きすぎです~

呪術廻戦【0】
この本を無料で読むならココ!
呪術廻戦【0】を無料トライアルでスグに全部読めます↓

五条悟と夏油傑の過去と関係性は?

五条悟と夏油傑の過去は

8巻・9巻で展開する
五条と夏油の高専時代編
明らかとなります。

五条と夏油は
呪術高専東京校の2年生として登場し
クラスメイトでした。

二人とも
日本に4名しかいない特級であり
五条曰く「俺たち最強」と

お互いがお互いを認め信頼し合う
まさに「親友」でした。

しかし、
その関係に
変化が訪れます。

8巻最後に対峙した
伏黒甚爾と激しいバトルを繰り広げ

結果倒した五条は
「最強」と成ります。

そのため夏油と距離ができてしまい

非術師の皆殺しを望み
闇落ちしてしまう夏油に五条は気付かず

夏油は一人で闇を抱え込み
ついに爆発してしまいます。

9巻終盤で
村民112名を皆殺しにた夏油は
呪詛師と認定され行方をくらまします。

ここで完全に夏油と五条は袂を分かち
互いにとっての最大の敵となります。

これをキッカケに五条は
「自分だけが強くてもダメらしい」
と気付き教師を目指し

夏油は力(呪い)と資金を集めるために
教団を作り、地下に潜ります。

二人の過去は

「親友から最大の敵となる悲しいエピソード」

となっています。

五条・夏油以外のキャラクターたちは
こちらでまとめています↓

『呪術廻戦』キャラクター一覧・相関図まとめ
『呪術廻戦』のキャラクター紹介と相関図のまとめです。キャラの名前や術式の読み方、等級などもチェック!

「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」のセリフの意味は?

五条と夏油の過去編から10年後、

夏油は「呪術廻戦0巻」でメインとなる
百鬼夜行を決行します。

乙骨に憑いている
里香を狙いますが

夏油は乙骨との直接対決に負け
重傷を負ってしまいます。

瀕死の状態で五条と出会い
夏油は五条に殺されてしまうのですが

トドメを刺す直前に
五条から何かを言われ

「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」
呪術廻戦0巻より引用

と返し、
最後は笑顔を見せ死亡してしまいます。

「呪いの言葉を吐けよ」と言うくらいですから
真逆の意味の言葉を五条から言われたのでしょうし

その笑顔から
二人の関係は「敵」と言うよりも

最後まで親友という関係だった

とイメージできます。

五条先生の詳しい特徴や技をまとめた記事はこちら↓

『呪術廻戦』最強といわれる五条悟の能力と技の魅力まとめ!封印解除はあるのか?
マンガもアニメも話題沸騰中の作品『呪術廻戦』。人気キャラの中でも最強といわれる五条悟の能力と技の魅力をまとめした。さらに五条復活についても解説!

「呪術廻戦0」五条悟の最後の言葉を予想

夏油を笑顔にさせた
五条の最後の言葉は

「呪術廻戦0巻」では
「ー」と表記され、ずっと謎となっていました。

2021年12月に
「劇場版呪術廻戦0」として映画化され
劇中でこのセリフが明らかになる、と期待されていましたが

映画でも最後の言葉は口パクとなっており
セリフの内容は謎のままとなっています。

これは
「呪術廻戦」の作中でいずれ明らかになるため、
と察せられますが、

となると
羂索の口から明かされることになるのか?

この辺りは要注目ですね。

ちなみにこの謎のセリフは
作者芥見下々先生から公式ファンブックにて

「0巻の中で言っています」
と明言されています。

このセリフは
0巻最後のページで五条先生が乙骨に言った

「僕の親友だよ、たった一人のね」
呪術廻戦0巻より引用

だと思われ、
ここから最後の言葉を予想すると

    「僕の親友だよ、たった一人のね」

            ↓

    「お前は僕のたった一人の親友だよ」

だったのでは、と
イメージできます。

これなら二人の関係性の解説にも合致しますし
非常に泣ける、アツい最後の言葉になりますよね。

このセリフは0巻から本編に向けての
最大の伏線とも捉えられます。

他にも「呪術廻戦」の伏線について考察していますので、よかったらこちらの記事をどうぞ♪↓

『呪術廻戦』考察まとめ!もう1人の内通者やOP伏線のヒミツ
マンガもアニメも人気の『呪術廻戦』。未回収の伏線や考察をまとめました!もう1人の内通者やアニメオープニングのヒミツとは?

「呪術廻戦」は五条と夏油の物語としてもアツい!

「呪術廻戦」は虎杖が主人公であり
伏黒恵や釘崎野薔薇がメインとして活躍する作品ですが

五条と夏油の物語として読んでも
かなりアツい物語、と感じられます。

現在の夏油は羂索が乗っ取っていますが

いずれ夏油が取って代わり
五条と対面する時が来るのでは?
と期待しちゃいます。

その時に
五条の最後の言葉が「親友だった」と確認できたら、
たまらないですよね。

最後まで「呪術廻戦」を追いかけ
最高のシーンを見届けましょう!

「呪術廻戦0」を無料で読みたい方は
こちらがオススメ!↓

呪術廻戦【0】
この本を無料で読むならココ!
呪術廻戦【0】を無料トライアルでスグに全部読めます↓

0巻の主人公、乙骨優太とリカちゃんについては
こちらの記事をどうぞ↓

【呪術廻戦】リカちゃんはなぜ復活できた?乙骨との関係を紹介
大ヒット漫画【呪術廻戦】の重要キャラクターでもあるリカちゃんはなぜ復活できたのかを、乙骨との関係から解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました