>>無料で漫画を読む!おすすめサイト3選

漫画『ハコヅメ』事件・事故・考察まとめ!裏切りの伏線とは?

漫画『ハコヅメ』事件・事故・考察まとめ

連続実写ドラマでも話題になった
漫画『ハコヅメ』は、女性警察官の日常や
仕事内容をギャグテイストに描いた作品です。

きっちりとオチのある一話完結が多いのですが
中には警察漫画らしいシリアス展開の話
主人公・川合麻依の恋愛事情にふれる話も!

そこでこの記事では、

  • 「同期の桜」未解決事件の真実・犯人
  • 最悪の裏切り者の正体
  • 源誠二の過去と衝撃の事実
  • 川合麻依の将来の結婚相手

などを中心に、考察を交えながら
ご紹介していきたいと思います♪
※ネタバレを多く含むので、原作未読の方はご注意!

伏線も散りばめられているので何度も読み返したくなるおすすめ漫画になっているよ〜!

ハコヅメ 交番女子の逆襲【1】
泰三子:講談社モーニング

『ハコヅメ』同期の桜 未解決事件とは?

ハコヅメ~交番女子の逆襲~12巻

『ハコヅメ』原作きってのシリアス話なのが
「同期の桜」シリーズと呼ばれる未解決事件です。

シリーズ内の重要人物である桜しおりは、
主人公・川合麻依とペアを組む藤聖子の
警察学校時代の同期の一人でしたが……

卒業後はおしゃれを目一杯楽しんで、
同期女子会の開催を約束していたはずなのに
仕事中、桜は事件に巻き込まれてしまいます。

悔しいことになかなか犯人が捕まらず、未解決事件になっているんだって

普段のギャグちっくな話とは温度差が激しいシリーズになっているよ!涙なしには語れないかも!

ここでは「同期の桜」シリーズにおける
事件の概要や真犯人を分かりやすく
まとめていきたいと思います〜!

ひき逃げ事故に巻き込まれた桜

警察学校を無事に卒業して、
町山交番に配属された桜。

ある日、交通事故が発生したため
現場で交通整理をおこなっていると、
なんと車に轢かれてしまったのです!

事故現場で署員が轢かれたという情報が流れ、
ようやく現場に到着した同僚たちが目にしたのは
うつ伏せで倒れている桜と大量の血液でした。

見るからに悲惨な現場の様子に、
駆けつけた宮原と同期の一人・轟の脳内には
最悪の未来がよぎってしまうほど。

さらに、犯人が逃げたひき逃げ事故では
一刻も早い現場検証が必要なのですが、
現場には雨が降り始めてしまったため
無念にも証拠が流れていきます。

こうして決定的な証拠も挙がらず、
桜が巻き込まれたひき逃げ事故は
犯人不明の未解決事件として
処理されてしまったのです。

証拠すら残らなかった桜の事件はどうなっちゃうの?

事件の真相 犯人は「守護天使」

犯人も証拠も見つからないひき逃げ事件

……と思われたのですが
桜と一緒に出動していた元教官の鬼瓦が
「白の軽トラック」を目撃していたことが発覚。

しかも、事件が起こった当時は
卒業したばかりの女性警察官を見つめてくる
不審な男・通称「守護天使」がいたと分かります。

かつて、謎の男「守護天使」は、
特に桜を熱心に見ていたというのです。

そして月日は流れ、3年後の現在。

犯人捜査に関わるのが……
なんと藤・川合ペアの二人!!

いよいよ刑事課のエースとして活躍していたはずの藤が、交番に異動してきた理由が明らかになるよ〜!

同期の中でも桜と特に仲が良かった藤は
見た目が桜と似ているという川合を囮にして
守護天使を誘い出そうとします。

川合も大好きな上司・藤の想いを知って
似顔絵捜査官として特訓を開始、
守護天使の似顔絵を完成させたのです。

「藤部長のために」と行動する川合の姿が見どころだよ〜♪

完成後の似顔絵は県警内で共有され、
有力な情報があがってくることに…!

そして捜査線上に、事件当時にも
捜査対象だった農園会社が再び浮上。

農園会社社長の証言もあり、
とある男がひき逃げ事件の犯人である
守護天使の正体だと判明したのでした。

『ハコヅメ』桜の生死は?

こうして「同期の桜」の未解決事件は
犯人や事件の真相が明らかになり、
解決を迎えることになりました。

でもひき逃げ事故ってことは、桜は生きてるの?

同期の桜は無事なの?再登場は?

確かにどうなったか気になるよね……そこで、桜の生死について簡単にまとめていくね!

原作漫画で描かれたストーリーでは
ひき逃げ事故現場はあまりにも無残な状態で
桜の生死が気になるという方も多いはず。

事故のシーンから想像すると
全身血塗れで倒れていたから傷も深く、
最悪の場合も考えられますよね……?

さらに、事故が起こった後に
同期のメンバーから桜に連絡を入れるも
一向に返事が返って来ないという状況です。

もしかして、桜は……?

桜からの返事が来ない理由を知りたい方は、ぜひご自身の目で原作を読んでみて!↓

ハコヅメ~交番女子の逆襲~12巻

『ハコヅメ』最悪の裏切りは誰?

漫画『ハコヅメ』や『別章 アンボックス』では
新たなシリアスストーリーが続きます。

原作内では警察官にとって
拳銃自殺することは「最悪の裏切り」だから
決して実行してはいけないと描かれています。

しかし、残念ながら
裏切り者が出てきてしまうことに……!

いったい裏切り者は誰なの?

そこで、「最悪の裏切り」をおこなった、
裏切り者は誰なのか?について
簡単にまとめていきたいと思います。

最悪の裏切りが現実に!裏切り者はカナ?

「町山市における殺人・死体遺棄事件」において
県警内では大混乱に陥っていました。

そのとき、カナは小学校の警備中でしたが
警備していた小学校の児童の誘拐予告が
ネット上に書かれてしまいます。

さらには、近隣住民たちから
警察の捜査に対する不平不満や
心ない言葉などを言われてしまうカナ。

明るく振る舞っていたカナも
酷すぎる仕打ちに少しずつ、
焦燥しきった姿になっていくのでした。

明るく要領の良い性格だったのに、まったくの別人みたいに変わっていく様子の書き分けがすごい!

ついに、生まれて来なければ良かったと
思い詰めてしまうほどの精神状態に……!

そして、署に戻ったカナは
こめかみに拳銃を当てて自殺を図ります!

つまり「最悪の裏切り」をおこなった
裏切り者はカナだったことがわかりました!

「最後の晩餐」シーンの伏線考察

ハコヅメ~交番女子の逆襲~16巻

『ハコヅメ』読者の中にも
衝撃が走った「最悪の裏切り」でしたが、
実は本編内で裏切り者の伏線があったと
話題になっているのです♪

伏線が描かれているのが
漫画『ハコヅメ』第16巻!!

16巻のとあるシーンでは
「最後の晩餐」をモチーフにしたコマがあります。

さまざまな漫画でも
裏切り者を表すときに元ネタになる
「最後の晩餐」ですが、『ハコヅメ』でも
バッチリと裏切り者として描かれていました!

「最後の晩餐」の人物と『ハコヅメ』キャラが座っている位置の比較はこちら↓

【ハコヅメ 『最後の晩餐』人物元ネタ一覧】
名前元ネタ人物
藤聖子イエス・キリスト
川合麻依フィリポ
山田武志ペトロ
源誠二ヨハネ
牧高美和小ヤコブ
黒田カナユダ【裏切り者】

こうして見ると、裏切り者の位置にはカナがいることに衝撃だよね〜

この時点ですでに裏切り者が決まっていたのかな?

『ハコヅメ』カナの退職理由とは?

「最悪の裏切り」として、
裏切り者の正体がカナだとわかりましたが
なぜ警察官を退職してしまったのでしょうか?

原作本編ではあっさりと
カナの退職が描かれていました。

しかし、『別章 アンボックス』では
事件の経緯やカナの心情などが
詳しく描かれているのが特徴です。

結局、カナの拳銃自殺は未遂で終わります
警察上層部は拳銃の不正使用や
カナの自殺未遂の事実はお見通しでした。

警察官としての正義感や責任感と
近隣住民からの心ない誹謗中傷によって
自分一人で解決しようとしたカナは、
違う形で人を救いたいとして警察を退職。

そして、カナは同僚たちに知らせずに
こっそりと退職しようとしていたのに、
いつの間にか逃走劇に発展してしまいます。

なんだかんだでやっぱりカナはみんなから愛されていた人物だったんだね!

詳しく事件の真相や退職理由について知りたい方は、『別章 アンボックス』を読んでみて〜♪

ハコヅメ 交番女子の逆襲【別章アンボックス】
泰三子:講談社モーニング

『ハコヅメ』源 誠二の生い立ちと川合との関係

ハコヅメ~交番女子の逆襲~13巻

天然パーマな刑事・源誠二は
藤と同期だったり、
川合と気になる関係になっていたりと
目が離せない人物の一人です。

人たらしでフレンドリーな性格ですが
実は衝撃的すぎる過去がありました。

ここでは源の生い立ち・過去や家族
川合との関係についてまとめていきます♪

源の特殊能力とは?

作中でも話題にされるのが
源は天才取調官だということ!

自分自身の弱さをわざと出すことで
取調べ相手の弱みや本音を引き出し、
誘導しながら核心を突いていく

というのが源の特殊能力で
催眠術のような話術を使いこなします。

一種の誘導尋問のようなテクニックだね〜

署内でも凄腕の取調官で有名ですが、
取調べテクニックは使いどころによっては
とても危ない能力になってしまいそうです。

『ハコヅメ』本編内では
川合が似顔絵捜査を続けると決心したときに
源の特殊能力が発揮されています。

気になった方は要チェックだね!

源の過去 実の父親は岩元 誠(マコ)

源の父親も警察官で
週末によく帰っている実家は駐在所です。

しかし、トレードマークの
モジャモジャな天然パーマ姿は
父親(通称・閣下)とまったく似ていません。

それもそのはず!

岡島県警谷川署管内駐在所に勤務していた
警察官・岩元誠(通称・マコ)が実の父親で、
母親は閣下の妹である岩元亜衣だったのです!

実の父・岩元誠は「岡島災害」で殉職したため、
実母・亜衣の希望もあり、源家で育てることに。

複雑な家庭事情だったのはなんだか意外!

閣下はマコの同期でもあったし、『ハコヅメ』では「同期」が重要なワードなのかも?

ちなみに、源誠二の作中でのキャラ由来は
こんな感じになっているようです。↓

  • 天然パーマ:マコ由来
  • 取調べでの特殊能力:閣下由来
  • 短髪だとイケメンになる姿:亜衣と閣下の源家由来

岩元家と源家のいいとこ取りをしたのが源誠二ということなんだね!

人物相関図で関係性を整理したい方はこちらの記事をどうぞ!↓

漫画『ハコヅメ 交番女子の逆襲』相関図とキャラクター一覧
面白いと評判の漫画『ハコヅメ 交番女子の逆襲』のキャラクター相関図と登場人物一覧のまとめです。キャラの魅力や特徴をチェックして楽しんじゃおう!

源と川合は週末実家に帰る仲?

藤や桜たちと同期の源は
藤のことが気になっている描写があったりと
恋愛要素もうかがえるキャラクターです。

ですが、驚いたことに
週末には川合と一緒に源の実家へ帰る
という仲の良い様子を見せています!

源の実家である駐在所では
手慣れた様子で家事の手伝いをしたり、
養母から「麻依ちゃん」と呼ばれていたりと

今後の展開が気になる状況になっています!

この場面では一緒に実家にお邪魔した
藤と山田の心の声が面白くて最高ですよ〜!

『ハコヅメ』川合の結婚相手を徹底考察!

警察官あるあるネタのお仕事漫画以外にも
恋愛要素が散りばめられたのが『ハコヅメ』!

特に気になるのが
主人公・川合の結婚相手だと思います♪

仕事も恋愛も初心者全開な川合は
本編のストーリーが進むにつれて
少しずつ成長していくのが見どころです。

そこで、ここでは
川合の将来の結婚相手について
考察を交えながらご紹介していきます。

『ハコヅメ』川合の将来は?

ハコヅメ~交番女子の逆襲~17巻

物語開始時には新人だった川合は
岡島県警初の女性警察学校長になった様子が
ストーリー内で明らかにされています。

はじめの頃は警察官自体を辞めたいと思っていたのに、警察学校長をやっているなんて川合の未来は意外すぎる!

未来の川合が登場する話数は少ないのですが、
『別章 アンボックス』で語られた事件への想いや
左手の薬指に光る指輪結婚相手の存在など
気になる点が多いのが特徴です♪

川合の詳しい将来については
これからの『ハコヅメ』で描かれていくと思うので
今後の『ハコヅメ』原作漫画も必見です!◎

川合と指輪を交換したのは誰?

将来の川合が描かれたシーンで
注目したいのが左手にある指輪です。

薬指にはめられた指輪は
よく見ると2つあるのがわかります。

1つの指輪は結婚指輪で
結婚相手は如月である説が有力です。

実家に行き慣れている
源が川合のお相手とも考えられますが、

  • 源の視線の先にはいつも藤がいた
  • 源の実家は駐在所のため警察官が立ち寄りやすい
  • 実家に通った川合とは恋愛よりも友人関係味が強い

ということから、川合に対して
本編内でも恋愛感情を向けている如月が
将来の結婚相手だと考察することができます。

また、もう1つの指輪は
保険金受け取りを提案していた藤の分
ということが考えられます。

今注目マンガ『ハコヅメ』お仕事漫画を超えたシリアス事件が目白押し!

この記事では『ハコヅメ』での
重要事件や物語の展開上で大事な話を中心に
登場キャラクターたちや事件について
深掘りしたものをまとめてきました〜。

これからも話が続いていく『ハコヅメ』は
いよいよ将来の川合が堂々登場したので
次のシリーズが始まるのかもしれません!

紹介した以外にも伏線が回収されていたり
新しい伏線が描かれたりしています。

想像以上にボリュームのあるストーリーなので
一度読んでみることをおすすめします♪

ハコヅメ 交番女子の逆襲【19】
泰三子:講談社モーニング
タイトルとURLをコピーしました