>>無料で漫画を読む!おすすめサイト3選

【推しの子】伏線・考察まとめ!アクア・ルビーの父親は誰?

「次にくるマンガ大賞 2021」で1位をゲットし
累計発行部数300万部を突破している※2022/6時点
人気作品【推しの子】ですが

さらにアニメ化と続いており
今最も読んでおくべき作品!

【推しの子】には

  • ファンタジーもの
  • 恋愛もの
  • お仕事もの
  • サスペンスもの

という要素がありますが、作品の根幹は

ミステリーもの

となっています。

ここでは【推しの子】に仕掛けられた伏線と
そこから考えられる考察をまとめ

「アイを殺した黒幕・アクアとルビーの父親が誰なのか」

を徹底考察したいと思います!

これから読み始める人も
現在読んでいるファンも

ここで作品を整理し、真犯人に迫ってみましょう!

【推しの子】は1巻から最終回が決まっている良ミステリー作品!

※2022/6時点の情報となります。
※ネタバレありなのでご注意ください。

推しの子1
全巻お得に読むなら断然ココ!
Amebaマンガなら無料会員登録で推しの子が
全巻40%オフ!
かなりお得↓
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

【推しの子】伏線まとめ

【推しの子】とは、
主人公の前世・雨宮吾郎の推しであり
主人公アクアの母である

アイを殺した黒幕を突き止める
「犯人探し」が
メインテーマとなっている物語
です。

そのため、犯人を示唆する伏線が
1巻から散りばめられており

ここでは特に
大きな伏線をまとめていきたいと思います。

【推しの子】というタイトル

タイトルの【推しの子】には
正式タイトルとして【】が付いており
それが二重になって付いています。

作中でも42話で
有馬かなの演技を目の当たりにしたアクアが
演技に対し真摯に考え込むシーンで

「【役者】なら」
わざわざ【】が使われており
何かしらの意味が含まれていると予想されます。

赤坂先生のインタビューからは

「意図的に二重にしていて、作中の演出で使用するプランはあります」

【】が何かしらの形で回収されることが示唆されており
要注目な伏線だと確定しています。

1巻インタビュー伏線

コミックス1巻には10話収録されており
全各話冒頭に
1ページの「インタビュー」

掲載されています。

これら全てには「未来」が描かれおり
間違いなく
「いずれ回収される伏線」だと
考えられます。

【推しの子】漫画内インタビュー一覧
話数人物インタビュー内容
1話星野アクア・ルビースタジオ入りする二人が登場。
2話ルビー女優初挑戦への気持ちを語っている。アクアも登場。
3話斎藤ミヤコアクアとルビーのマネジメントについて語る。
最後にトラブルがあったアクア・ルビーから呼び出されている。
4話アイドルオタクアクアとルビーの赤ちゃん動画について語っている。
赤ちゃんがアクアとルビーとは気付いていない。
5話五反田泰志映画「15年の嘘」の監督賞ノミネートについてのインタビュー。
アイについての映画であり、アクアとルビーが出演していると分かる内容。
6話有馬かな「天才だってナイフで刺されればお陀仏です」発言。
アクアを「あーくん」と呼んでいる。
7話アクアとルビーが通った幼稚園の先生「もう一度顔を見たい」と言い雑誌「週刊映画」に掲載されている二人を見て喜んでいる。
8話斎藤一護失踪したままで「俺とアイに関わるな!」と叫ぶ。
9話アクア「僕は誰も愛さないし演じる事は僕にとっての復讐」と発言している。
10話星野アイアクアとルビーへのビデオメッセージ。

この10種類の「インタビュー」は
厳密に言うと
1話と10話は「インタビュー」ではありません。

1話はアクアとルビーの収録現場であり
10話はアイが収録した動画が掲載されており
「インタビュー」とは別種の伏線であろう、
考えられます。

2話から8話の
「インタビュー」の内容をまとめると

五反田泰志が監督を務め
アクア・ルビー・有馬かなが出演している
映画「15年の嘘」発表時の
インタビュー映像

となります。

未来でこのような展開が登場することを示す伏線であり
アクアのインタビューから
この映画で犯人が世に発表されるのでは、
とイメージできます。

特に有馬かなのインタビューの
「天才もナイフに刺されれば」発言や
五反田監督の
「この映画をアイに捧ぐ」発言からも
アイがテーマである映画だと察せられるので
少なくとも
黒幕=真犯人に迫る内容が含まれた作品なのでは、
とイメージできます。

物語の核心に迫る内容が散りばめられた
大きな伏線として仕掛けられたインタビューだと
考察できます。

有馬かなや五反田監督など
【推しの子】のキャラクター一覧や
人物相関図については
こちらでまとめています↓

【推しの子】キャラクター一覧と登場人物相関図まとめ
今もっとも推せる作品「推しの子」のキャラクター一覧と相関図をまとめました。登場人物の関係性が知りたい時にどうぞ!

【推しの子】考察「アクア・ルビーの父親は誰?」

様々な伏線が仕掛けられている【推しの子】ですが

「アクアとルビーの父親が黒幕」

という事実は一貫して変わっていません。

では、これまでの伏線を踏まえ
「二人の父親は誰なのか?」をみていくと…

7巻67話にて突然
姫川大輝がアクアと異母兄弟
と判明します。

そして姫川大輝の父親は
元俳優の上原清十郎であり
既に死亡していることが判明。

しかしいっぽう8巻72話にて
事情を知った黒川あかねが何かに気付き

さらにアイの墓参りをするルビーとすれ違いで
父親の姿が登場しています。

ここから、
アクアとルビーの父親が生存している
と、確定できます。

では、これらの条件をクリアする
父親を考察していきましょう。

上原清十郎の一卵性双生児説

アクアと姫川大輝が異母兄弟であると
DNA鑑定にて確定しています。

しかし一卵性双生児は
遺伝子的には同一人物なため

つまりは同じDNAを持つ
上原清十郎と一卵性双生児の双子が
父親である展開は十分にあります。

この展開が来た場合
アクアとルビーの父親を見た時の
姫川大輝の反応は、

「驚いた。親父と全くのうり二つだ」
という感じになるでしょう。

そんな展開が来るかもしれないので
この考察は踏まえておきたいですね。

上原清十郎とは別人説

姫川大輝の父親が
実は上原清十郎ではない、
という展開もありえます。

姫川大輝と上原清十郎は
それほど似ていません。

大輝の黒髪は明らかに母親である
姫川愛梨から受け継いでいますし
この展開もあるような気がします。

もしかしたらアクアとルビーの父親は
上原清十郎とは全く関係がなく
姫川大輝の父親も上原清十郎ではない、
という展開が来るかもしれません。

【推しの子】考察「そもそもなぜ雨宮吾郎は殺された?」

1巻1話でアクアの前世である雨宮吾郎は
リョースケに殺されているのですが
なぜ彼は殺されなければいけなかったのでしょうか?

アイを狙ってのことと思いがちですが
読み返すと「星野アイの担当医?」と
リョースケは近付いています。

アイを殺すために宮崎に来たのであれば
吾郎を訪ねずにそのままアイを殺しにいけば良いですし

逆にそのままアイを殺さず
吾郎を殺して終わりにしています。

まるで雨宮吾郎を殺すために
リョースケは宮崎に来たみたいです。

となると、この時に確認されている
黒幕も雨宮吾郎を殺して満足し
そのまま宮崎を離れていることになります。

なぜアイを殺さず
雨宮吾郎を殺さなければいけなかったのか?

明らかになっていない
雨宮吾郎の父親と関係があるのか?

ここに黒幕が誰なのかの
大きな伏線が仕掛けられているような気がします。

最後までに回収される謎な気がするので
要チェックです!

黒幕は雨宮吾郎殺害の時に宮崎にいたと考察できる

舞台が再び宮崎県に移った
8巻79話にて
非常に重要な伏線が仕掛けられています。

16年前に雨宮吾郎が殺害された時に
二人の不審者が目撃されており
一人はアイを殺したリョースケだと分かっているのですが

もう一人は分かっておらず
リョースケにアイの情報を流した黒幕だと
考察できます。

つまり
物語を通して追い続ける黒幕が
1巻第1話で舞台となっていた
「宮崎にいた」
と考察できるのです。

これは数少ない黒幕の動向情報なため
「この時に語っていた少女が何者なのか」と共に
押さえておかなければいけない考察となっています。

【推しの子】は最終回まで見逃せないミステリー!

【推しの子】の第1話から仕掛けられている
伏線をまとめ考察してきましたが

最終回の最終コマまで見逃せない
ミステリーものとして最高な作品だと
改めて感じられました。

黒幕と考察できるアクアとルビーの父親は誰なのか?

ここが最注目なのは間違いないですが
同時にアクアの恋愛事情や
ルビー側の展開など
見逃せない展開ばかりです。

最終回まで
追いかけなきゃですね!

【推しの子】をできるだけお得に読みたい方は、こちら↓

推しの子1
全巻お得に読むなら断然ココ!
Amebaマンガなら無料会員登録で推しの子が
全巻40%オフ!
かなりお得↓
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

推しの子全巻を無料で読めるかどうかを
チェック↓

【推しの子】キャラクター一覧と登場人物相関図まとめ
今もっとも推せる作品「推しの子」のキャラクター一覧と相関図をまとめました。登場人物の関係性が知りたい時にどうぞ!
タイトルとURLをコピーしました